【初心者向け】Illustratorで文字にグラデーションを掛ける3つの方法。

デザインのアクセントになる、グラデーション。

目を引くタイトルの背景に使ったり、印象的な余白に使うこともありますが、文字にグラデーションを掛けたいと思ったことはありませんか?

もちろん、文字にグラデーションを掛けることは可能なのですが、いくつか方法があります。

それぞれの用途にあったグラデーションを実現するために、この記事では「Illustratorでグラデーションを掛ける”3つの方法”」をご紹介します。

まずは3つそれぞれの完成形。

今回作る3つのグラデーション

今回は、このような3つのグラデーションを作っていきます。

もちろん、グラデーションの色やバランスは自由に変えられますので、操作方法を覚えて頂いたいら、自由にデザインに合うようなグラデーションにしてみてください。

まずはグラデーションを掛けたい文字を用意。

まずはテキストを用意する。

まずはテキストツールで、グラデーションを掛けたい文字を用意します。

これからご紹介する、それぞれの方法では一部アウトラインする場合もあるので、この段階でなるべくフォントも決めておきましょう。

方法1.アウトラインして1文字ずつグラデーション

1つ目のグラデーション

それでは、ここからは実際に3つそれぞれの方法について解説していきます。

初めにご紹介するのは、文字をアウトラインして1文字ずつグラデーションを掛ける方法です。

上図のように、1文字1文字に同じグラデーションが掛かっている状態を目指します。

アウトラインしてグラデーションを適応。

グラデーションをクリック

用意した文字をアウトラインしたら、その文字が選択されている状態で、オブジェクトの塗りを「グラデーションパネル内の”グラデーション”をクリック」します。

その時点で、クリックしたグラデーションが文字に反映されます。

「グラデーションパネル」が見当たらない方は、[メニュー内 > ウインドウ > グラデーション]で表示させてください。

デフォルトのグラデーションから選択。

デフォルトのグラデーションから選ぶ。

グラデーションが適応されたのを確認したら、同じグラデーションの横にあるボタンからプルダウンメニューを表示させましょう。

ここには、イラレの初期設定で入っているグラデーションがいくつか入っています。

今回は、この中から「オレンジ、イエロー」を選択してください。

完成。

グラデーションが反映されて完成。

グラデーションが反映されたら完成です。

グラデーションの具合を調整する場合は、グラデーションパネル内の「グラデーションスライダー」で調整可能です。

方法2.文字全体に掛かるグラデーション

2つ目のグラデーション

2つ目は、こちらのグラデーションです。

1つ目のグラデーションと比べると、1文字ずつではなく「Sokoage」という文字全体にグラデーションが掛かっているのがわかると思います。

こちらは、文字をアウトラインするところまでは同じなので、アウトラインした後の操作方法を見ていきます。

まずは、同じようにグラデーションを掛ける。

まずは同じようにグラデーションを掛ける。

まずは用意した文字に、1文字ずつのグラデーションを前述の通り掛けていきます。

グラデーションツールを選択。

そのまま、今度はツールパネルから「グラデーションツール」を選択します。

グラデーションツールを選択すると、選ばれている文字のグラデーションが表示されます。

この段階では、1文字ずつグラデーションが掛かっているので、1文字ごとにグラデーションスライダーが表示されるはずです。

ドラッグして任意のグラデーションを作る。

ドラッグしてグラデーションを作る。

グラデーションスライダーが表示されている状態で、その上からグラデーションを掛けるように、グラデーションを掛けたい方向にドラッグします。

すると、グラデーションスライダーに応じたグラデーションが掛かります。

直線ツールで線を描く時と同じような操作でグラデーションが掛けられ、始点と終点を調整することでグラデーションの具合を調整することが出来ます。

細かい調整は、前述の方法と同様に「グラデーションスライダー」で行いましょう。

方法3.アウトラインせずアピアランスで実装。

3つ目の方法。

最後は、文字をアウトラインせずにグラデーションを実装する方法です。

前述までの2つの方法に比べて、アウトラインしないので文字の修正が可能という大きなメリットがあります。

具体的にその方法をご紹介します

アピアランスで塗りを追加する。

アピアランスで塗りを追加する

グラデーションを掛けたいテキストを、アウトラインせずに選択した状態で「アピアランスパネル」から「新規塗りを追加」します。

アピアランスパネルが見当たらない方は、[メニュー内 > ウインドウ > アピアランス]で表示させてください。

スウォッチからグラデーションを選択する。

スウォッチからグラデーションを選択する。

塗りが追加出来たら、その塗りをグラデーションに変えてあげれば完成です。

新しく追加した塗りの部分に現在のカラーを表す窓があると思うので、その横にある▼からプルダウンメニューを表示させます。

そうするとスウォッチが表示されると思うので、その中からグラデーション(今回はオレンジ、イエロー)を選択してください。

テキスト編集が可能な状態でグラデーションが実現。

テキスト編集可能なグラデーション

こうすることで、テキスト編集可能な状態でグラデーションが実現します。

このグラデーションはテキストボックス全体に掛かっているので、逆に最初にご紹介した1文字ずつのグラデーションは出来ないので注意してください。

動画で解説。

最後になりましたが、テキストでの説明では細かいニュアンスが伝えきれてないかもしれないので、わかりづらかった方はこちらの動画でご確認ください!

実際の操作方法と、装飾文字が出来るまでの過程をご紹介しています!

少しでも参考になれば、高評価&チャンネル登録頂ければ嬉しいです。

気軽に参加できるオンライン相談会やってます。

「こんな事って出来るんですか…?」 「こんな課題があるんだけど、なにか手軽に出来ることないですか…?」
お問い合わせや資料請求するほどじゃないけど、クリエイティブ関連でちょっとSokoageに聞いてみたい。というラフな相談から始められる、無料オンラインミーディングです。

PROFILEわたしが書きました

みやざわ

『Sokoage Magazine』の管理人です。
Sokoageの代表として、デザイン/マーケティングの仕事をしています。 ジャッキー・チェン、K-POP、中華料理大好きで、ゲーム・漫画・映画を嗜みます。北海道帯広生まれ。