話題のアートアクアリウム城、入場待ちしなくてもいい方法とレポート

だいぶ寒くなってきた師走の始まり、今話題のアートアクアリウム城に行ってまいりました。2017年12月11日までということで、あと一週間を切っています。僕自身は先週の土日に行ってきたのですが、二条城の駅を出た瞬間長蛇の列が…。チケット購入ですでに並んでいました。今回はレポートついでに、効率の良い入場方法などを紹介します。

アートアクアリウム城って?

これまで累計約800万人の有料来場者を動員している、京都の超人気のイベントです。金魚×アート×アクアリウム×歴史的建造物と、京都ならではのものを多く掛け合わせた上品かつ洗練された展示イベントとなっています。今年の流行語でもあるインスタ映え間違いなし?です。

開催場所は京都の元離宮二条城。開催時間は17:00~22:00まで、期間は2017年10月25日〜12月11日までとなっております。簡単なアクセスは下記となります。

JR山陰線:二条駅下車徒歩15分

地下鉄東西線:二条城前駅徒歩3分

京都駅方面から行く方は地下鉄烏丸御池にて地下鉄東西線に乗り換えるので、乗り換え1回、JR京都駅から二条駅までは1本でいけます。オススメは地下鉄東西線を使うアクセスです。バスも出ているのですが、結構混んでます。

いざ、入城

僕も先週、行ってきました。JR二条駅で映画(『IT』)を観ていたので、その帰りに地下鉄二条駅から二条城前駅へ。地下鉄から登った瞬間目に入ったのは大行列。なんとチケットを買う人の列で二条城を半周していました。幸い僕はセブンで前売りを買っていたので、そのまま入場列へタッチダウン。

しかし入場までも混んでいました。土日の18時代に入ったのですが、20分並ぶだけですんなり入れたのは幸いです。前売りチケットを持っていない方は、入場チケット購入と入場で二回並ぶ必要があるので気をつけてください。

少し冷える中、いざ入場。いや、城だから入城ですね。入った瞬間びっくり。とても綺麗なアクアリムが城内に並んでいます。屋内かと思っていたのですが、全部野外でした。展示場内はカメラ撮影オッケーですが、動画、フラッシュ、三脚、一脚、自撮り棒は禁止。

水槽自体は色々とあるのですが、全部回って大体30~60分ほど。ゆっくりすればもうちょっと過ごせます。舞台でも定期的に伝統芸能とアートを掛け合わせた歌や踊りが定期的に行なわれているようで(時間が合わず見れず)、「和の美しさ」をゆっくりと楽しめます。

あ、あと入場してしまえば、かなり広い敷地にポンポンと水槽が置かれている感じなので、混雑はしていません。要注意点として、中にトイレはないのでお気をつけを。

中には日本酒バーや京都のお茶が楽しめる喫茶がある

中はアクアリウムだけではありません。京都のお酒が楽しめる日本酒バーや(熱燗一杯で酔っ払った)、お茶を楽しむ喫茶なども露店であります。大量の金魚を見ながら飲む日本酒はいいものですね。ちなみにお酒の種類も定期的に変わるようです。

会場内にバーなどがあるのですが、出口付近にも「夜祭BAR」という名前で多くの露店が並んでいます。京都にしかない地酒や漬物、お茶などもここで買えちゃいます。

チケットは事前にセブンイレブンで

前述の通り、チケットを購入するだけでも最長1時間並んでしまいます。チケット購入を並ばない方法としては、事前にセブンイレブンのセブンプリントを使ってチケットを購入しておくことをお勧めします。値段は変わらず¥1,500-です。日付も自由です。ちなみに、優先入場券をお買い求めの場合は¥3,000-で入場列にも並ばなくていいチケットが手に入ります。

当日の待ち時間ですが、下記のツイッター公式アカウントでアナウンスされています。行く前に必ずチェックを。

 

まとめ

あまりこういったアート展示会にはいかない僕ですが、実際に行ってみるとかなり楽しめました。城の中での開催ですので、雰囲気は抜群です。もうすぐ終わってしまいますので、終了前に是非行ってみてください。




デザイン×マーケティング×ドローン
Sokoageがお手伝いします

「予算はないけど、クリエイティブの必要性を感じている…」そんなお悩み、ぼくらが解決します。
大きな予算で失敗する前に、一度試してみませんか?

PROFILEわたしが書きました

itotty

普段は動画制作をしてます。itottyです。
好きな映画は「ファイト・クラブ」、「ブギーナイツ」、エドガー・ライト作品全般などなど。映画がとにかく好きなので、映画と絡めて面白くて、わかりやすい記事を書いていきます!